ファッション

ウクライナ情勢で行動を起こしたブランドや人々 現地対談今季はどうだった?【コレクション速報】

有料会員限定記事

 2022-23年秋冬ファッション・ウィークの現地取材は、ベルリン在住の藪野淳・欧州通信員とパリ在住のフリーライター、井上エリの2人が担当。ロシアによるウクライナ侵攻のニュースが日々報道される中、ブランドや人々はどんなアクションを起こしたのか。現場で体感した2人が率直に感じたことを語り合う。


藪野淳/欧州通信員
PROFILE:2012年にロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDJAPAN」の編集記者に。17年9月からベルリンに拠点を移して活動中。久しぶりのフルスケジュールのファッション・ウイークで、体力づくりの必要性を実感

井上エリ/フリーライター
PROFILE:武庫川女子大学卒業後、 ニューヨークで4年過ごし、パリ在住6年目。今季ロンドン、ミラノ、パリの現地取材を担当。殺人的スケジュールに心が折れそうになるも、イケメンモデルと記者仲間に癒され無事に完走


井上:私は今季もロンドンから現地取材をスタートしました。会期中にイギリス政府が、感染拡大防止のための規制を完全撤廃すると発表したので、会場の座席は間隔を空けず、マスク着用もなし。ミラノ、パリもワクチン接種済みを証明するパスの提示のみで、コロナ以前に戻りましたね。多くのブランドがリアルショーを再開したので、今季はたくさんインビテーションが届きました!

藪野:ミラノでは、「プラダ(PRADA)」がメンズでも届いたパジャマの色違い、「エトロ(ETRO)」は名窯「ジノリ1735(GINORI)」とのコラボプレート、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」が金子眼鏡とコラボしたサングラスと、豪華でしたね。

井上:パリは、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」からから画面の割れたiPhone、「クロエ(CHLOE)」からは天然石、「イザベル マラン(ISABEL MARANT)」からはリコーダーが届きました。ファッション・ウイークはコロナ禍以前に戻ったと思っていましたが、ミラノの序盤でロシアによるウクライナ侵攻が始まり、ムードが変わりました。

この続きを読むには…
残り1892⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら