ビジネス

アシックスが4年ぶりに売上高4000億突破 21年12月期

 アシックスの2021年12月期連結決算は、売上高が前期比22.9%増の4040億円、営業損益が219億円(前年同期は39億円の赤字)、純損益が94億円の黒字(同161億円の赤字)に回復した。売上高4000億円を超えるのは4年ぶりで、日本と北米は黒字に転換した。廣田康人社長は、「非常にいい業績。コロナで一時は打撃を受けたが、力強い回復を実感している。健康意識の高まりだけでなく、いい商品を提案し、買ってもらい、デジタルも組み合わせる。それが上手くいった」と手応えを語った。

 主力のパフォーマンスランニングの売上高は同31.0%増の2082億円。コロナ前の19年と比較しても2割増の高成長となった。ランナーの走法に応じて設計したトップアスリート向けシューズ“メタスピード(MEATASPEED)”を3月に発売し、国内外の選手から一定の評価を受けた。選手の記録更新が市民の購買意欲にもつながった。北米が同33.9%増、中華圏が同42.4%増とよく動いた。北米はランニング専門店とコミュニケーションをとり、消費者ニーズを商品やマーケティングに活用する戦略が奏功した。中華圏は、アリババや京東(ジンドン)といったプラットフォームと組んだデジタル施策のほか、シューズを試し履きできるリアル店舗の整備が好調につながった。

 オニツカタイガーは同13.6%増の385億円。中華圏と東南アジア、南アジアが好調に推移し、インバウンドを除く国内売り上げも拡大した。コアパフォーマンススポーツは、北米と欧州がテニスシューズとインドアシューズで増収をけん引し、同23.2%増の413億円だった。そのほか、スポーツスタイルは同12.5%増の332億円、アパレル・エクィップメトは同14.5%増の341億円だった。

 2022年12月期は、売上高4200億円、営業利益230億円、純利益135億円を見込む。パフォーマンスランニングでは、エリート向けモデルを拡充し、世界陸上を見据えた新モデルも投入する。オニツカタイガーでは、東南アジア・南アジアを中華圏に次ぐマーケットとして投資を強化する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。