ファッション

ワールドが橋本マナミの婦人服 ライフステージの変化に対応

 ワールドは、タレントの橋本マナミさんがブランドディレクターを務める婦人服ブランド「ナミマ(NAMIMA)」を1月20日から専用ECサイトで販売開始した。出産や子育てなどライフステージが変わる30〜40代の女性に向け、上品で機能的な服を提供する。

 橋本さんが自身の妊娠や出産の経験をもとに企画した。「女性は産前・産後で体形が変わるし、授乳中に合う服はなかなか見つからない。どんなときでもきれいに見える服を作りたいと思い立った。特に丈のバランスにはこだわった」。リメイク服「スリュー(SREU)」の植木沙織デザイナーと協業した。上品なワンピースやブラウスとして仕立てながらも、授乳などが楽に行えるよう工夫した。ワールドが社内に保有する在庫生地を使用するため、1品番あたりの生産は限られた点数になる。

 税込価格は3WAYワンピースとタフタワンピースが2万4200円、サテンブラウスが1万9800円、サテンパンツが1万7600円。

 ワールドの生産背景や人材などのリソースを活用し、社内外のデザイナーやインフルエンサーなど個人によるブランドを支援するプロジェクト「ワールド・ファッション・クラウド」の一環として展開する。昨年秋にスタートしたニット製婦人靴の「オイト(OITO)」、インフルエンサーの瀬戸晴加さんによるアパレルと食器の「クロエンス(CLOENC)」に続くD2Cブランドとなる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら