ファッション

「ナイキ」がブーツライクなカラーとマテリアルの“エア フォース 1”を復刻

 「ナイキ(NIKE)」は、2022年で生誕40周年を迎えた定番スニーカー“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”の新作モデル“AF1 FLAX”を1月24日に発売する。価格は税込1万5400円で、「ナイキ」のスニーカー専用アプリ「スニーカーズ(SNKRS)」などで取り扱う。

 本モデルは、1998年に当時のニューヨークを席巻していた「ティンバーランド(TIMBERLAND)」の6インチブーツに着想し、ブーツライクなカラーと素材で販売していたモデルを復刻したもの。全体をウィートカラーに染め上げ、アッパーの素材にはスエードを採用した。シューレースは通常モデルよりも太く、最上部のアイレットには金属の留め具をプラスするなど、ブーツを彷彿とさせるデザインで耐久性も強化している。

 22年は「ナイキ」の“エア フォース 1”の40周年アニバーサリーイヤーで、多種多様なモデルの発売を控えている。先日にはヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛けた「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とのコラボモデルを発表していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら