ファッション

「ナイキ」と現代アーティストのトム・サックスが新作コラボスニーカーを発表か

 「ナイキ(NIKE)」が、現代アーティストのトム・サックス(Tom Sachs)とのコラボレーションスニーカーの新作を製作しているようだ。スニーカーのリーク情報を発信するインスタグラムアカウント(@sneakerknockerzllc)の投稿によって明らかとなった。

 投稿によると、新作スニーカーは“ナイキクラフト ジェネラル パーパス シュー(NIKECRAFT GENERAL PURPOSE SHOE)”と名付けられたローカットモデル。アッパーはホワイトとグレーが基調の異素材で構成し、ディープブルーをアクセントとして差し込んでいる。アウトソールはトラクション性能が高い凹凸感のあるデザインで、シュータンタグはコラボ仕様の特別デザインだ。ヒールにはトムが手描きしたような“NIKE”の文字をデボス加工している。

 「ナイキ」とトム・サックスは過去にもコラボしており、2012年に“ナイキクラフト マーズヤード 1.0(NIKECRAFT MARS YARD 1.0)”を、17年に“ナイキクラフト マーズヤード 2.0”を、19年に“マーズ ヤード オーバーシュー(MARS YARD OVERSHOE)”を発売した。いずれもリセール市場で元値の数倍の価格で取り引きされている。なお、トムは21年から世界中の人々にスニーカーのプロトタイプを配布し、その経過を各自が発信するプロジェクト「ナイキクラフト ウェア テスター プログラム(NIKECRAFT WEAR TESTER PROGRAM)」を進行している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら