ファッション

「ナイキ」が“脱・厚底” 新作ランシューは接地感重視の短距離向け

 「ナイキ(NIKE)」は、5〜10キロの短距離向けランニングシューズ“ナイキ ズームエックス ストリークフライ(NIKE ZOOMX STREAKFLY)”を発表した。着地時の足裏の感触(接地感)と軽さを重視したシューズで、ソールの厚さは25.0ミリ。“厚底”と称される39.5ミリの“エア ズーム アルファフライ ネクスト%(AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT%以下、アルファフライ)”に比べて“薄底”だ。第1弾のホワイトを会員限定で2月に発売予定。価格は税込1万9250円。

 ミッドソールは、「ナイキ」で最も反発力に優れた“ズームエックスフォーム(ZOOMX FOAM)”を採用した。軽量性とコントロール性をそこなわないよう、ボリュームは最小限に抑えている。プレートは中足部にのみ使い、シューズのねじれを抑えながら推進力をもたらす。アウトソールは、かかとや前足の外側で着地してもスムーズに体重移動できるようにカッティングした。アッパーはエンジニアードメッシュ生地を使い、通気性を求めた編みをベースに、つま先など負担のかかる部分のみ編みを変えて耐久性を高めた。第1弾は“プロトタイプ”と名付けたホワイトで、ソールの内側に開発時の試作番号を記した。

 「ナイキ」は近年、 “アルファフライ”や“ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%(ZOOMX VAPORFLY NEXT%以下、ヴェイパーフライ)”など、フルレングスのカーボンプレート入りシューズでランニング分野をけん引してきた。一方で、「『接地感が悪くコントロールしづらい』などの意見があるのも事実。“厚底”にとらわれず、あらゆる可能性を試す必要があった」と語るのは、プロダクトマネージャーを務めるエリオット・ヒース(Elliott Heath)だ。「日本はもちろん、世界中のランナーに着用テストを行い、このモデルにたどり着いた。“アルファフライ”と“ヴェイパーフライ”は長距離向け。短距離向けの“ストリーク フライ”で、ランナーの選択肢がぐっと広がるはずだ」。プロランナーとして活動した過去もあるエリオット氏は、「日本なら、5〜15キロと幅広いコースがある出雲駅伝にぴったりだと思う」と加えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら