ファッション

「アディダス」“爆速ランシュー”の第2世代 トレーニングからレースまで対応の5型

 「アディダス(ADIDAS)」は、“日本人を早くする”がコンセプトのランニングシューズ“アディゼロ”シリーズの最新コレクションを発売した。シーンごとに異なる機能性を追求した全5モデルをラインアップする。

 “アディゼロ アディオス プロ ツー(ADIZERO ADIOS PRO 2)”(税込2万6000円)は、昨年“爆速シューズ”として発売した“アディゼロ アディオス プロ”の第2世代。自然な重心移動と前方への推進力をもたらす5本指のカーボンバーはそのままに、シリーズ最軽量のリサイクルメッシュアッパーを採用。低密度高反発のミッドソール“ライトストライク プロ“は2層構造に変更し、反発力を向上させた。つま先にラバーアウトソールを用いたことで、悪天候でもグリップ力を発揮する。

 新登場の“アディゼロ ボストン テン(ADIZERO BOSTON 10)”(同1万5400円)は日々のトレーニングを想定したモデル。5本指カーボンと軽量アッパーは同様だが、耐久性のあるミッドソール素材を加えている。そのほか、安定性と快適性を求めた“アディゼロ ジャパン シックス(ADIZERO JAPAN 6)”(同1万4300円)やトラック用スパイク“アディゼロ アヴァンチ トラック スパイク(ADIZERO AVANTI TRACK SPIKE)”(同1万9800円)、50ミリの超厚底が特徴のコンセプトモデル“アディゼロ プライム エックス(ADIZERO PRIME X)”(同3万6300円) をラインアップする。

 ニック・ロシェ(Nick Roche)アディダスランニング グローバルプロダクトマネージャーは、「“アディゼロ”シリーズでこれまでに成し遂げてきたことを振り返り、改善の余地があるか検証しながら今回のコレクションを制作した。トレーニングやレース当日など、さまざまな用途で使い分けることができる、トップアスリート向けのパフォーマンスフットウエアになった。今後も継続して開発を進め、アスリートの“より速く”をサポートしていく」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。