ファッション

追記:落札総額29億円! ヴァージルが生前に手掛けた“エア フォース 1”が200足限定でオークションに

【追記:2月16日】8日に終了したオークションの落札総額は2530万ドル(約29億円)だった。競売会社サザビーズ(SOTHEBY‘S)によれば、これはファッションおよびスニーカー分野における最高落札額だという

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はこのほど、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が生前に「ナイキ(NIKE)」とのコラボレーションで手掛けた“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”をオークションに出品すると発表した。その収益は、ヴァージルが設立した黒人学生向けの奨学金基金に寄付する。

 “エア フォース 1”は2021年6月、ヴァージルが2022年春夏メンズ・コレクションで発表したもの。200足限定で、競売会社のサザビーズ(SOTHEBY‘S)に出品する。オークションは1月26日〜2月8日に開催。同モデルの限定カラーやUSサイズ5〜18の多様なサイズをそろえ、入札価格は2000ドル(約22万8000円)からとなっている。

 それぞれのスニーカーにはカーフレザーを使用しており、「ルイ・ヴィトン」のモノグラムやダミエ柄をあしらっている。また、オレンジ色のレザーに同ブランドのモノグラムがエンボス加工されたオークション限定のパイロットケースが付属しており、持ち手には「ナイキ」のロゴがデザインされたタグが付けられている。

 ヴァージルによるヴァージル・アブロー“ポスト・モダン”奨学金基金(Virgil Abloh “Post Modern” Scholarship Fund)は、ヴァージル自身やパートナー企業からの寄付金をもとに20年に設立。黒人、アフリカ系アメリカ人、またはアフリカを出自とする100〜200人の学生たちへの奨学金の付与や、キャリアサポートやメンタリング支援などを掲げている。

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」の創業者であり、「ルイ・ヴィトン」のメンズ・アーティスティック・デザイナーだったヴァージルは21年11月に、がんのため41歳で急逝した。マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者は、「22年秋冬コレクションは、ヴァージルが亡くなる前にすでに95%完成していた」と語っており、20日にパリ・メンズ・ウイークで発表するコレクションがヴァージルによる最後のコレクションとなる予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら