ビューティ

ミュゼプラチナムのコスメブランドから黒ずみ毛穴に着目した新スキンケアシリーズ誕生 

 美容脱毛サロンを展開するミュゼプラチナムは、サロン品質のコスメブランド「ミュゼコスメ」から新スキンケアシリーズ“エンラディアンス(ENRADIANCE)”を1月17日にローンチした。新シリーズは全国のミュゼプラチナム、ミュゼコスメ公式サイト、会員専用ECのミュゼショッピングで購入できる。

  ミュゼプラチナムは、全国168店舗(2021年12月末日時点)の美容脱毛サロンで、これまで400万人以上の女性のムダ毛や肌悩みをサポートしてきた。その結果、約9割の女性が黒ずみや角栓などによる毛穴悩みを持っていることが判明した。そこで今回、毛穴ケアに注目した新スキンケアシリーズ“エンラディアンス”を開発。新シリーズは毛穴汚れを落とすだけでなく、肌が潤った状態をキープすることで乾燥による肌トラブルに負けない健やかな肌状態を保つことを目指す。

 新シリーズはクレンジング“ナノバブルクレンジングミルク”(160mL、税込3850円)、洗顔“ディープクリアウォッシュ”(120g、同3300円)、既存品よりプラセンタ濃度が1.5倍にリニューアルした美容液“高濃度プラセンタ原液EX100”(30mL、同1万3200円)、化粧水“シープインモイスチャライジングローション”(150mL、同4400円)、乳液“キープインモイスチャライジングミルク”(100mL、同4950円)、“モイストディフェンシングクリーム”(30g、同7480円)、“ラメラトリートメントマスク”(5枚入、同4180円)をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら