ビューティ

気軽に“ぷらっと”寄れるメンズ脱毛サロンが池袋駅の改札徒歩0分にオープン

 化粧品や雑貨の製造・販売を手掛けるボックスグループは、メンズ専用脱毛サロン「プラット(PLATTO)」1号店をオープンした。副都心線の池袋駅の改札口から徒歩0分という好立地で、文字通り“ぷらっと”気軽に通えるサロンを目指す。

 コンセプトは“気軽に、手軽にメンズ脱毛”。最短2週間の間隔で脱毛できて(毛周期が短いヒゲなどの部位)、最も人気が高いヒゲやすねの脱毛なら着替えず短時間での脱毛が可能。会社や学校帰りにも“ぷらっと”脱毛に通うことができる。

 過去4年間で「効果を感じない」という理由での解約が0件(同社運営サロン)という実績のある最新の脱毛機器を完備し、毛が濃い肌への打ち漏らしと痛みを徹底的に抑制する。

 安心の価格プランも特徴の1つ。“通い放題”“パーツ変更可能の回数券”“都度払い”など、お客のニーズに合わせたプランを用意している。脱毛部位はSパーツ(おでこ、もみあげなどの顔エリアで1部位税込4000円)、Mパーツ(えり足、両ワキなどのボディーエリアで1部位税込8000円)、Lパーツ(ひざ上、ひざ下などのボディーエリアで1部位税込1万3000円※価格は最も料金が高い都度払いの場合)などに分け、サイズごとに価格を同じにすることで総額を分かりやすく設定している。

 LINEから簡単に次回予約ができ、最大24回分の施術日の事前確保が可能。当初の狙い通り、予約せずに“ぷらっと”飛び込みで来店する人もいるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら