ビューティ

マスク生活で需要急増中のマウスウォッシュ 「リステリン」から女性に人気の“フレッシュオレンジ”が登場

 ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニーは7月19日、マウスウォッシュ「リステリン(LISTERINE)」の新製品“リステリン フレッシュオレンジ”(500mL、548円※編集部調べ)を期間限定で発売する。

 低刺激のノンアルコール処方で、刺激が苦手な人でも使いやすく、柑橘系特有のみずみずしくフレッシュな香りが感じられるオレンジフレーバーのマウスウォッシュ。口臭や歯石の沈着防止、歯のホワイトニングといったマウスウォッシュに求められる要素はもちろん、フルーティーさと爽快感も併せ持つ。

 「リステリン」では近年、マウスウォッシュの味や刺激が苦手な人を含めた、より幅広い層に使ってもらえるブランドを目指し、ノンアルコール処方の低刺激タイプや期間限定フレーバーの開発に注力している。

 今年1月から“ピーチミント”“ココナッツスプラッシュ”を順次発売し、今回は季節限定フレーバーの第3弾となる。「『リステリン』には男性も含めて幅広いユーザーがいるが、季節限定フレーバーは特に女性からの人気が高い」と同ブランド広報は話す。

 マスクを長時間着用する生活が続く中、マスク内の蒸れや自身の口臭が気になる人が増えていて、口臭防止や口元をリフレッシュするアイテムとしてマウスウォッシュの需要は高まっている。

 同製品は、オレンジのみずみずしいフレーバーが伝わるようなパッケージデザインにもこだわっており、日々のマウスケアが少しでも爽やかで気分が上がる時間になるような工夫を施している。今後も季節に合わせたフレーバーを発売する予定で、ユーザー層の拡大を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら