ビューティ

アーティストHYDEがイメージモデルに メンズスキンケアブランドによるソロ活動20周年に合わせた取り組み

 化粧品メーカーのビナ薬粧は、メンズスキンケアブランド「マタン(MATIN)」のイメージモデルに、アーティストのHYDE氏を起用した。特設ウエブサイトを制作し、スペシャルムービーを公開したほか、順次広告を展開していく。

 「マタン」は、2020年3月にデビューしたメンズスキンケアブランド。HYDE氏の起用について、担当者は「ブレない芯の強さで、今もなおアーティストとして進化し続けるHYDEさんの生き様は、幅広い年代の男性から長きに渡り支持されている。21年はHYDEさんのソロ活動20周年のアニバーサリーイヤー。その生き様と、『マタン』のブランドとしての成長を重ね合わせてイメージモデルをお願いした」と話す。

 広告ビジュアルやスペシャルムービーについては「“僕は自分らしいものを選びたい”をコンセプトに、HYDEさんの“どんなときでも自分を偽らない、自分らしく進む芯の強さ”を表現した。HYDEさんらしさを全面に表現したいという思いから、『マタン』がHYDEさんに寄り添うようなイメージで撮影を行った。スキンケアに関しても自分らしい選択をして、“心地良い”と感じる時間を増やしてほしいという思いを込めた」とコメント。

 HYDE氏は、“ラルク アン シエル”や“ヴァンプス”のヴォーカリストでありソロアーティスト。NYのマディソン・スクエア・ガーデンや国立競技場などでのライブ実績もあり、日本において最も世界で活躍しているアーティストの一人。18年にソロ活動を再開し、翌年ソロ名義としては13年ぶりとなるオリジナルアルバムをリリース。21年6月より、1stアルバムを再現し昇華するオーケストラツアーを開催中だ。

 「マタン」の特徴は、3種のセラミドですみずみまで潤いで満たし、乾燥を防いで肌を健やかに保つこと。5種のヒアルロン酸が異なるアプローチをし、しっとりとした肌触りと透明感をもたらす。

 洗顔料の“フェイス ウォッシュ”(110g、2178円)、普通肌用化粧水“モイスト ローション”(180mL、3278円)、脂性肌用化粧水“オイルコントロール ローション”(180mL、3278円)、乳液“エマルジョン”(100mL、3278円※価格は全て税込)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら