ビューティ

ユーチューバーのヒカルが総額3億2000万円かけて脱毛サロンを連続オープン

 ヒカルエンタープライズは、人気ユーチューバーのヒカルがオーナー兼プロデューサーを務める男性専用脱毛サロン「リジャンヌ by ヒカル」を、12月10日に東京・池袋に、同22日に大阪・阿倍野筋にオープンした。21年にも東京・銀座への出店を計画しており、出資額は総額3億2000万円になる予定だ。

 同サロンでは、“痛みが少なく時短施術が可能”と評判の新美容脱毛機器“ルミクスA9”を採用。美意識を高められるように設計した豪華な内装も特徴で、非日常のおもてなし空間を提供する。また、照射に関する技術や知識はもちろん、ホテルレベルの接遇マナー研修を積んだスタッフをそろえ、真心を込めた接客に尽力していく。

 今後は主要都市を中心にさらなる店舗展開を予定しているほか、女性向けサロンの計画も進行中。将来的には全国47都道府県への出店を目指す。

 脱毛サロンに対する思いについて、ヒカル氏は「僕には“美意識の高さと年収は比例する”という持論があって、成功者を目指す男性がきれいになれる場所を提供したいと考えた。男性もただ“生きる”だけでなく“美しく生きる”ことが当たり前の世の中を目指し、この脱毛サロンがその入り口になれればうれしい。僕はアパレルに参入して成功したと思っているので、今度は盛り上がりつつあるメンズ美容に参入し、この分野をリードしていく存在になりたい」と話す。

 なおヒカル氏は自身のユーチューブで、物件を決めてから店舗ができるまでの様子を公開。専門家に話を聞き、効果と価格を比較検討しながら導入する脱毛器を決める様子なども包み隠さず見せるなど、脱毛サロンをより身近に感じさせる演出にも注目だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら