ファッション

「ダンヒル」が銀座本店限定のチョコレートボックスや特別なアフタヌーンティーを用意

 「ダンヒル(DUNHILL)」はバレンタインデーに合わせて、銀座本店限定で“ダンヒル シグネチャーチョコレートボックス”(税込2640円)を発売する。ビターガナッシュ(チョコレートと生クリームを混ぜて作るクリーム)をビターチョコレートで包んだ“ビター”、オレンジマーマレードガナッシュをビターチョコレートで包んだ“オレンジ”、新作のラズベリーガナッシュをビターチョコレートで包んだ“ラズベリー”、アールグレーガナッシュをホワイトチョコレートで包んだ“アールグレイ”の4つからなる。

 また2月14日まで銀座本店2、3階のダンヒルバーで、特別メニューの“バレンタイン アフタヌーンティー”(2人、4400円)、“バレンタイン パフェ”(2640円)、“ローズシャンパーニュ”(1980円)、“チョコレートカクテル”(各1980円)も用意する。“バレンタイン アフタヌーンティー”は、赤をテーマにラズベリーやイチゴなどを使ったプチフール(ひと口サイズのケーキ)5種、イチゴやトマトのサンドイッチ、イチゴジャムをのせたスコーンを紅茶やコーヒーと味わうもの。“バレンタイン パフェ”はかりんとうとマシュマロの触感がアクセントで、“ローズシャンパーニュ”はクランベリーを使い、バラの花びらを1枚添える。“チョコレートカクテル”は、“ダンヒル シグネチャーチョコレートボックス”の中から1粒を選び、ウォッカと生クリームでカクテルに仕上げたもの。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。