ファッション

「コム デ ギャルソン」2016年春夏パリ・コレクション

REPORT

あなたには何が見える?青い魔女の映し鏡

川久保玲があげたキーワードは“ブルー・ウィッチ”、青い魔女。ただし、ファンタジックなストーリーがある訳ではないし、ましてや魔女をキャラクター化したようなコレクションではもちろんない。魔女は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」が一貫して描いている、強い意志を持って道を切り拓く女性像の一つの表現だ。

燃えるような赤色のヘアのモデルを包む“服”はどれも非常に大きく、ランウエイの幅が狭いこともあり圧迫感すら覚える。素材の多くはベルベットに見えるが、インテリアファブリック風のハリのある生地を用いている。そのため、まるで彫刻のようなフォームが実現している。

さらに、大量の鳥の羽根やフェイクファーを装飾に用いてボリュームを増し、迫力を作り出している。また、ギャザーやリボンなど一般的には“カワイイ”ディテールも、ここでは肥大化することでカワイイを遥かに飛び越えて力強い。

中にはアニマル柄のトレンチコートや白いコルセットが肥大化したような“洋服らしい”ものもあるが、多くはオブジェのようであり、モデルは着るというより“服”の一部として機能している。モデル自身の意志や感情が立ち上り具現化しているようにも見える。

これがナンなのか?川久保玲は何を伝えようとしているのか?記者には大きくなりすぎて飛べない青い鳥のように見えたが、そうと言葉にすることはあまり意味がないとも思う。なぜなら、「コム デ ギャルソン」では観る人がそれぞれにイマジネーションを膨らませて服と対峙させられるからだ。ショーの後に“何に見えた?”と述べ合う感想は実に千差万別。しかも、大概それぞれのパーソナルな部分を反映している。「コム デ ギャルソン」の服は、観る人や着る人の感情の写し鏡なのかもしれない。

そして、コマーシャルのラインへの落とし込みは今季も秀逸だ。鮮やかなブルーは丸襟のベルベットワンピースで採用し、アニマル柄はTシャツで取り入れる。ファーストルックの丸いフォルムはラウンドショルダーのクロップドジャケットとなって登場する。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら