ファッション

佐藤可士和プロデュースの「くら寿司」が原宿にオープン Z世代向けの“世界一映える”寿司屋

 大手回転寿司チェーンの「くら寿司」は、クリエイティブディレクターの佐藤可士和がプロデュースしたZ世代向けの新店舗を東京・神宮前のYM スクウェア原宿に12月9日にオープンする。

 新店舗は、“日本の伝統文化 × トウキョウ・ポップカルチャー”をテーマに、世界一映える寿司屋を目指した。「くら寿司」のロゴやメニューがさまざまな色に光る“カラフル提灯ウォール”や、大迫力の巨大パネル“浮世絵装飾”、自撮り用スマホスタンドなどを設置。店内には東京タワーやスカイツリーを眺望できるテラス席や、原宿の街並みを見ながら食事ができるスタンド席、感染症対策も兼ねた暖簾付きの半個室などをそろえる。

 併設した「スイーツ屋台」では、クレープの生地を焼き上げる自動ロボットを初導入。2色2層のクレープ生地を使った寿司やフルーツのメニューを目の前で調理する。

■「くら寿司」原宿店
オープン日:12月9日
場所:YM スクウェア原宿4階
住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10
時間:11:00~23:00(9日のみ12:00~20:00)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら