ファッション

「ビューティ&ユース」がガンバ大阪とコラボ スタジアム外の日常にもなじむTシャツなど

 「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS 以下、BY)」は、Jリーグ・J1に所属するガンバ大阪とのコラボレーションアイテムを発売する。11月18日12時から予約を受け付け、2022年2月1日から順次発送する。

 コラボ第1弾は、スタジアム外の日常にもなじむファッションアイテムとして、オーバーサイズシルエットのTシャツ(3色、税込5500円)、裏起毛仕様のスエットパーカ(3色、同9900円)、インナーポケット付きの2WAYトートバッグ(1色、同5500円)、肉厚な生地を使ったソックス(2色、同1980円)をそろえた。アパレルはユニセックスでS〜XLサイズ、ソックスはMとLサイズを用意する。

 ガンバ大阪は、今年10月のクラブ設立30周年を機に、新たなクラブコンセプトを発表。“日本を代表するスポーツエクスペリエンスブランド”を掲げ、ガンバ大阪の頭文字“G”をかたどった新クラブロゴも発表した。コラボ商品では、新ロゴやブランドカラー、クラブコンセプトのテーマ“BE THE HEAT, BE THE HEART”などをデザインに取り入れた。

 2022年2月1日以降は、ガンバ大阪オフィシャルオンラインショップのほか、ホームスタジアムのパナソニックスタジアム吹田、オフィシャルショップ「ブルスパジオ(Blu SPAZIO)」での販売を予定する。

 BYは、パナソニックスタジアム吹田の近隣に「BY ららぽーとEXPOCITY店」を構えており、ガンバ大阪の「大阪を中心に地域・社会貢献を図り、スポーツを通じてコミュニティやエンターテイメントを広く提供したい」というクラブコンセプトに共感したことから、協業に至ったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら