ファッション

田山淳朗が「庭園」を着想源とする新ブランド クロスプラスが運営

 クロスプラスは2021-22年秋冬から、デザイナーの田山淳朗が手掛ける新ブランド「アートオブガーデン(ART OF GARDEN)」を立ち上げた。当面は「アツロウタヤマ(ATSURO TAYAMA」の店舗およびEC、百貨店でのポップアップストアなどで販売する。

 ブランド名の通り、着想源は庭園。熊本・阿蘇で3500坪の庭園のガーデニングをライフワークとする中で、田山自身が五感で感じた体験をデザインに落とし込む。ファーストシーズンはヨークスリーブのブルゾン(4万2900円)、チュニックプルオーバー(2万6400円)、カーゴパンツ(2万900円)などにミニエプロン(9900円)を重ねるスタイルを提案。深いグリーン、ブラウン、ベージュなどのアースカラーを基調に、庭仕事を連想させる大ぶりなポケットなどをアクセントとして加えつつ、街着としても使えるバランスに仕上げている。

 田山は文化服装学院卒業後、ヨウジヤマモトを経て渡仏。1989年に自身のブランド「アツロウタヤマ」をスタートした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら