ファッション

“パステルマスク”絶好調のクロスプラス みちょぱ起用のテレビCMでプロモーション加速

 クロスプラスが製造・販売する洗えるマスク“パステルマスク”が、今年5月の発売から累計販売数6000万枚を突破した(12月10日時点)。19日からはタレントのみちょぱこと池田美優を起用したテレビCMの全国放映を開始するなど、さらにプロモーションに力を注ぐ。
 
 “パステルマスク”は、同社の主力事業である衣料品・雑貨のODM・OEMの生産背景を生かして製造。顔へのフィット感と通気性を高める立体的な構造、ストレッチ素材(ポリエステル95%、ポリウレタン5%)、パステルカラーを中心とした全14色の豊富なカラーバリエーションなどに加えて、3枚セット780円と比較的値ごろなのも人気の要因だ。全国の量販店やドラッグストア、ホームセンターで販売している。

 テレビCMは、「10人のみちょぱが、10色の“パステルマスク”を着けて会議をする」というテーマで制作。10人に“分身”したみちょぱが円卓を囲み、それぞれマスクに合わせたコーディネートについて「黒、可愛くない?」「いや、白でしょ」などと議論するシュールな内容となっている。

 クロスプラスは“パステルマスク”の販売好調も一因に、「WWDジャパン」12月21&28日号掲載の「ファッション関連株価騰落率ランキング」では、11月24日〜12月14日の期間における株価上昇率1位となっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら