ファッション

「コンバース」が公式リペアサービスを開始 ソールのすり減りなどを修理

 「コンバース(CONVERSE)」 はこのほど、公式となるシューズのリペアサービスを開始した。シューズケアを手掛けるアールアンドデー(R&D)をパートナーに、「コンバース」日本正規品の修理サービスを提供する。

 ソールのすり減りやサイドテープの剥がれなどのダメージを、同ブランド公式のパーツやラベルで修復する。リペアのメニューは、ヒールリペア2種類(税込4950円、同5500円)やサイドリペア(同2200円)、オールリペア(同1万1000円)の全4種類。

 窓口は全国8カ所で、ファンズ(FANS)の浅草本店、新橋店とシューケアマイスター工房の銀座店、日本橋店、玉川店、横浜店、大阪店、京都店で受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。