ファッション

スニーカー修理で話題の「リクチュール」が渋谷へ移転 「カスタマイズ」の文化は根付くか?

 スニーカーの宿命ともいえるのが、加水分解。アウトソールに含まれるポリウレタンが空気中の水分と反応して分解し、いずれはアッパーからソールが剥がれてきてしまう。免れることはほぼ不可能なため、スニーカーの寿命はもって数年とされてきた。だが、そんな常識を覆す東京・国分寺の靴修理店「リクチュール」が4日、渋谷に移転オープンする。スニーカーに革靴用のソールを付け替えるユニークな修理がSNSで話題となり、近年はカスタマイズとしての利用も増えているという。廣瀬瞬オーナー(32)は「靴の修理店の枠にとどまらず、スニーカーのカスタマイズの文化を根付かせたい」と意気込む。

インスタにアップした1枚がきっかけに

 靴修理のフランチャイズ店でのアルバイトを経て、2013年に前身となる靴修理店「国分寺シューズ」を開業。「当時は(革製品修理専門店の)『ユニオンワークス』のような、あくまで修理のスペシャリストを目指していた。店舗は駅直結で立地も良かったが、大手のチェーン店との競合があり厳しかった。修理の技術には自信があったが、それだけで差別化することは難しいと痛感させられた」という。初めてスニーカーのカスタムをしたのは、オープンから2年後の15年。「普段履いていたのも革靴ばかりで、たまに履くスニーカーがなんだか軽すぎて頼りない」と感じ、「コンバース(CONVERSE)」の“チャックテイラー”に「ダナー(DANNER)」の革靴のソールを縫い付けたモデルを制作しインスタにアップしたところ、すぐにオーダーが入った。

「いつまでも履ける」ことの価値

 それから徐々にスニーカー修理の割合が多くなり、今では注文の半数以上に。新品のスニーカーを好きなソールに付け替えてほしいという純粋なカスタマイズの依頼が増え、渋谷区などに暮らす感度の高い客や、SNS経由での外国人の来店が多くなった。「いつの間にか、わざわざ遠くから来てくれる人ばかりになっていた。スニーカー好きが集まる場所で、もっと需要に応えていきたいと思った」と移転の理由を明かす。ソールの付け替えは2万5000円程度と、新しいスニーカーを買う方が安い場合もある。「見た目のかっこよさや、歩きやすさなどの機能面の理由もあるが、お気に入りのスニーカーをいつまでも履けることに価値を感じてくれているのだと思う」

カスタムへの考え方も変化

 カスタムに対するブランドの考え方の変化も感じているという。「最近は誰もが知るようなブランドの公式イベントに招待され、オリジナル商品にカスタムを施したこともある。以前では考えられないことだ」。同様のサービスを手掛ける修理店も見られるようになり、差別化が課題となっている。服の生地などを使ってアッパーをカスタマイズした商品の販売も検討しているという。「オリジナルを尊重しつつ、自分らしくカスタマイズする楽しさを提案できたらと思っている。スニーカーの新しい付加価値を生み出せるよう、トライしていきたい」

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら