ファッション

「ハンティング・ワールド」初のスニーカーは異素材を重ねて波を表現

 「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」は、2019年春夏ミラノ・メンズ・コレクションで発表したブランド初のスニーカーを2月15日に発売する。ブラック、グレー、ホワイト、オレンジの4色展開、各6万5000円。帝国ホテル店や梅田店などで取り扱う。

 コレクションテーマである“マリン”に合わせ、波を表現したアッパーデザインが特徴。カーフやスエード、ナイロンなどの異素材を重ねて、立体的に仕上げている。ブランドの頭文字を施したシュータンと履き口まわりにパッドを組み込んだ他、アウトソールに厚めのラバー素材を用いたことで、ボリュームを持たせながらながらも柔らかなはき心地を備える。

 「ハンティング・ワールド」は1965年、米・ニューヨークで創立。2018年春夏シーズンから「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」デザイナーの相澤陽介をディレクターに起用している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら