ファッション

「ハンティング・ワールド」がアーティストと初コラボ オールホワイトコレクションを発売

 「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」は、現代芸術家のダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)とコラボレーションした“ハンティング・ワールド × アーシャムスタジオスタンダードコレクション(HUNTING WORLD x Arsham Studio Standard Collection)”を発表した。「ハンティング・ワールド」がアーティストとコラボするのは今回が初めて。25日に世界6都市(ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、東京、シンガポール、北京)にあるドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)5店舗とセレクトショップのキス(KITH)2店舗の計7店舗で同時発売する。日本では5月25日〜6月12日、ドーバー ストリート マーケット ギンザのポップアップで限定発売する。

 コラボレーションアイテムはカラーをオールホワイトに統一。「ハンティング・ワールド」の定番コレクション“バチュー サーパス(BATTUE SURPASS)”のダッフルバッグ(22万円)とキャリーオールバッグ(22万円)もオールホワイトに変更し、前面にメタルワッペンとラベルを配した。他にもTシャツ(1万6000円)、キャップ(2万5000円)、パーカ(2万8000円)、コーチジャケット(5万2000円)を展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら