ファッション

「ハンティング・ワールド」が初のウエアをピッティで発表 相澤陽介が参画

 アメリカ生まれの「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」は、2018年春夏シーズンから「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」デザイナーの相澤陽介をクリエイティブチームに招へいし、リブランディングを図る。

 これまでバッグや革小物が中心だったが、相澤がディレクションする新たなレディ・トゥ・ウエアを含むフルコレクションで、新規顧客の獲得を狙う。

 また、6月14日にイタリア・フィレンツェで開催される第92回ピッティ・イマージネ・ウオモでランウェイショーを行い、新たな世界観を披露する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら