ファッション

モデルのカーラ 坊主頭でアイスと乳首を語る

 モデルで女優のカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)が出演した「モスキーノ(MOSCHINO)」とヨーロッパのアイスクリームブランド「マグナム(MAGNUM)」のショートフィルムが、第70回カンヌ映画国際祭でお披露目された。会場には、坊主頭に「モスキーノ」の赤いベレー帽を被ったカーラと、映像を手掛けたジェレミー・スコット(Jeremy Scott)が登場した。

 同キャンペーンは、「モスキーノ」を着て「マグナム」のアイスクリームを持つカーラを、動物のアニメキャラクターが必死に追いかけるというもの。カーラは「彼らが追いかけているのが私かアイスクリームなのかは分からない。『マグナム』のアイスを食べるコツは、しっかり噛むことよ」と話した。また、ジェレミーはイベントで、ショートフィルムに登場したキャラクターをベースにデザインした「モスキーノ」のバッグコレクションも発表した。

 カーラは「(同日開催の)映画『ジュピターズ・ムーン(Jupiter’s Moon)』のプレミア上映のレッドカーペットに行くなら何を着る?」という質問に対し、「裸になって、乳首を解放するわ。ジェレミーも参加してくれると嬉しい。みんな一緒なら裸になれる」と仰天のコメント。

 また、製作中の映画「ライフ・イン・ア・イヤー(Life in a Year)」で余命1年の少女を演じ、自ら髪を剃ることを志願したことについて「自分の外見に美しさを感じることはとても重要なこと。髪があるかないかは全く問題ではない。坊主頭にしたことは私が今までにやった中で最も解放的なことの一つ。いつまで髪を剃り続けるかは分からないけれど、本当に気に入っているわ」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。