ビューティ

“美肌県”1位は2年連続で石川県! ポーラが約1910万件の肌データから選出

 ポーラは11月11日、毎年恒例の「美肌県グランプリ2021」を発表した。総合賞1位は2年連続で石川県が受賞し、昨年新設した14の部門賞でも水分量部門、コラーゲン部門が2年連続で1位を獲得した。グランプリ発表の見届け人として、美容にこだわるお笑いコンビのスピードワゴンが登場し、場を盛り上げた。

 美肌総合賞1位は石川県、2位が山形県、3位が山梨県だった。石川県は総合的に全国トップの肌スコアを獲得。特に「ハリ」「透明感」「刺激に対する抵抗力」が優秀だった。山形県は肌のくすみの要因となる「糖化」や「にごり」の少ない、透明感ある肌が特長だった。山梨県は2年連続で3位を受賞した。くすみリスクが低く、刺激に強く皮下組織ポテンシャルの高い肌の人が多かった。

 14の部門賞の中で、水分量部門やコラーゲン部門が石川県、皮脂毛穴レス部門に島根県が選ばれ、ストレス耐性部門に沖縄県、タフ肌部門に宮崎県が選出されたことを受け、スピードワゴンの井戸田潤は「水分量系は日本海側、肌の強さは南の県が多い」と語り、その分析にポーラ担当者も感心していた。

 また今年から男性の肌分析も開始。1〜8月で6547件のデータを収集した。今後は年齢、性別を問わない「美肌県グランプリ」に生まれ変わる。

 美肌県グランプリは2012年に誕生。同社のパーソナライズドサービスブランド「アペックス(APEX)」が保有する約1910万件の肌のビッグデータを活用し、総合賞と部門賞をそれぞれ3位まで選出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。