ビューティ

美容家がトリコになる、「クリスティーナ」って? 【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は田中みな実が愛用してヒットした美容液“テラスキン”を展開する「クリスティーナ」を紹介。

 美容界の重鎮たちに愛され、ここ数年、日本でも話題になっている化粧品ブランド「クリスティーナ(CHRISTINA)」。皆、一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。特に、田中みな実さんが愛用しているということで爆発的にヒットした美容液“テラスキン”は、肌を内側からもっちりと潤してくれる“奇跡の一滴”として超絶話題となった。そんな美容家たちが愛してやまない「クリスティーナ」。一体全体、何がそこまで魅了させるのか。早速、サロンケアでその実力を体感してみた。

美肌の最先端が詰め込まれたケアシリーズ

 今や世界60カ国以上で展開されている「クリスティーナ」は、1982年にイスラエルで創業。美容のプロが愛用するものとして、400種類以上もの製品が開発されてきた。開発には世界水準の科学者チームが携わり、臨床的に認められた最先端の薬用化粧品成分が組み込まれている。サロンケアだけでなく、ホームケアも併せた両輪で、肌の悩みを解決すべくサポートをしてくれる。うれしいのは、シリーズがとてもバラエティーに富んでいること。ニキビ、シミ、エイジングや乾燥など、肌の状態に合わせ効果的に対策が打てるように、製品と施術メニューをそろえている。一つ一つの悩みが深くなるお年頃(とほほ)、きめ細かいケアができるのは本当にありがたい。何ならサロンケアで全てのコースを受けて、つるぴかアンパンマン肌になってみたいけれど(欲望の塊!)、まずはこのサロンケアで一番人気があるという“アンストレス”のコースを受けてみることに。

細胞レベルの潤い?! “アンストレス”

 “アンストレス”は、紫外線や外部ダメージなどストレスにさらされた肌を沈静化し、保護してくれるケア。酸化ストレスから真皮繊維を守るタンパク質「ベヌセアン」やDNAを保護してくれる抗酸化ペプチド「クインテシン」など、最先端の有効成分が凝縮されている。アレルギー肌や敏感肌でも受けられる万能さがありながら、かゆみ、炎症、痛み、むくみを抑えて解消し、肌の潤いを細胞レベルで改善。細胞の再生が刺激され、コラーゲンの生合成が促進されたり、肌の自然な免疫防御が強化されたりするそうだ。聞けば聞くほど素晴らしいのですけど……!では、レッツトライ!

 バーン。まるでシュレックの気分よ。肌のPHを整え、美肌菌を増やしてくれるというクレンジングから始まり、美容成分を浸透しやすくするためのピーリングなどの後にこちらのマスクが登場。肌のバリア機能を高めてくれるというプルメリアの成分がたっぷり含まれているとのこと。ハワイを思い出させるあの可憐なプルメリアに、そんな効能があったとは……!


 仕上がりがこちら。私の肌の水分量、限界値MAXきたか。そう感じるほどの潤いと、ふっくらとした肌触りに感動。どこを触っても、しっとりすべすべ。う〜ん。気持ちいい。“細胞レベルから”ってこういうことだったのね。美容のプロたちをトリコにさせる理由、深く納得!

くすみ知らず、憧れの透明感をゲットしたいなら

 もう一つ、美白ケアの“イラストリアス”もオススメ。シミや色素沈着、肝斑にも積極的にアプローチしてくれるこのケアは、肌の内部からの白さを追求してできたトリートメント。30%濃度のビタミンCをはじめ、“攻め”の美白成分がたっぷり。こちらもご覧の通りのシュレックマスクをオン。シリーズによってマスクの色が変わるから、全部制覇したくなるわ。

結果、クリスティーナ沼にハマりました

 ゆるんでいたところに、ちょっとスパルタな監督がやってきて、チーム全体が引き締まる。そんな感じで、ほどよく刺激があり、肌がちゃんと機能し始めるクリスティーナ。しっかり有効成分を届けることによって、肌ってちゃんと変化していくのね……。そんな実感が日々うれしくて、私もすっかり沼にハマりました!“ここぞ”という時はもちろん、肌のレベルをワンランクアップさせたい人は、ぜひ、この沼へダイブしてほしい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら