ビューティ

肌も菌活!究極のアンプル!?乳酸菌美容液とは 【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は韓国発の美肌を作る乳酸菌ケアを紹介する。

 菌活の代表といえば、腸活。腸の環境が肌に与える影響は大きい。ということで、名越も長らく腸活に励んできた(そして今もなお)。が!菌活ブームはついに肌にまで到来。肌を健康に保ってくれる美肌菌のサポートをしてくれるのが、乳酸菌だという。美容大国・韓国では、もうすでにさまざまな乳酸菌スキンケアが登場して進化を続けている。今回は、“究極の美肌アンプル”との呼び声高い本気の乳酸菌美容液を紹介したい。

1本で万能な乳酸菌美容液

 韓国で人気の乳酸菌スキンケアといえば「フォミュラーケイ(FORMULA K)」。中でもおすすめなのは、この“スキンラクトバチルスマイクロバイオームB02”(製品名、ながっ!)。健康な20代の女性の肌に生息する肌乳酸菌の一つ、「ラクトバチルス・プランタルム」という菌株を独自の技術で分離した乳酸菌の美容液だ。「ラクトバチルス・プランタルム」菌株とは、韓国食薬庁に認証された乳酸菌19種類のうちの一つ。人体の中で最も有益な菌とされているそう。肌に有益な菌が増えることで、肌本来の保護機能が向上。外部環境から肌を守る力がUPすることで、健康な肌が保たれるという。どんなにいい成分を肌にのせたとて、肝心の土台が整っていないとなかなか効果を感じられない。乳酸菌美容液は、肌の土台を整えてくれる縁の下の力持ち的な役割を果たしてくれそうだ(これ、大事)。うれしいのは、発酵原液100%なところ。余計な成分が入っていないので安心して使える上に、手持ちの化粧水やクリームに混ぜてカスタムまでできてしまう。これ1本で、なんて万能なのだ。

 テクスチャーはさらっとしていて瞬時に肌になじむ感じ。無色透明で「本当に効いているのか?!」と不安になるほど刺激も全くないのだが、その浸透力といったら。すぐさま肌を内側から潤してくれるようなしっとり加減に驚く。これが原液の力……!

もっちり、うるん。プロラインの本気度がすごい

 実は、「フォミュラーケイ」には“プロフェッショナルライン”というものが存在する。さらに肌磨きを頑張りたいという美容ヲタの皆さまにはプロフェッショナルラインの乳酸菌エクソソーム美容液をおすすめしたい。エクソソームは細胞間の伝達物質といわれていて、この美容液には乳酸菌培養液の中のコアな有効成分が濃縮されているのだとか。一般ラインのマイクロバイオームに比べると、コラーゲンの生産効能が5倍も良いという研究結果も出たそう。なんて素晴らしい……!研究者たちの類いまれなる努力によって出来上がった、最先端原料ともいえる優れ物。さらにそこに、抗炎症、抗アレルギー作用のあるグリチルリチン酸2kや、コラーゲンの合成を促進するアデノシン、ダメージを受けた皮膚の修復と保護が期待出来るセラミドNPなど「これでもか!」というほどぜいたくな成分が配合されているのである。……これ、バケツいっぱい浴びてもいいですか。

 こちらもマイクロバイオーム同様、さらっとしたテクスチャー。が!明らかに違うのはそのしっとり感の深さ。一度塗りでも潤いを感じるが、ぜいたくに三度塗りするとモチッとした肌触りに変化。スッとなじんで、モチっ、うるっ。もちろん、こちらも刺激なし。え、なにこの肌の喜ぶ感じ。「待ってました〜!」と言わんばかりにどんどん吸収していくのだが……!


 乾燥が進むこの季節。笑った瞬間のシワが刻印のように残ってしまうほど砂漠状態の肌に、オアシスのような潤いを与えてくれる乳酸菌コスメ。乾燥しきったスタジオに長時間いてもしっとり感がキープされているのは、乳酸菌のおかげかも。内側ケアはもちろん大事だけど、これからは肌も菌活!表情ジワを恐れない、土台の整った肌作りに。究極の肌アンプルで年末年始も乗り切りたい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら