ビューティ

売れたアイテムを発表! 美容液は新製品、総合ともに「ポーラ」が独占 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」百貨店・セミセルフショップ

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップの「美容液」部門は、新製品1位の「ポーラ(POLA)」の“リンクルショット メディカル セラム N”が総合でも1位に輝いた。2017年に国内初のシワ改善認可アイテムとして大ヒットした同美容液がパワーアップ。「SNSでの反響が大きい。リニューアルで伸びの良いテクスチャーに変わったことで使用感の満足度が高くなり人気」「5年ぶりのリニューアルで保湿効果などが2倍になったため、リピーターや新客に人気が安定」などバイヤーからもリニューアルによって大きな反響のあったことがうかがえ、21年上半期の話題をさらった。

 新製品2位は「シャネル(CHANEL)」の“ル ブラン セラム HLCS”がランクインし、3位に「SK-Ⅱ」の“ジェノプティクス ウルトオーラ エッセンス”と「ポーラ」の “ホワイトショット CXS” が同率となった。

 総合2位は「ランコム(LANCOME)」の“ジェニフィック アドバンスト N”、3位は「RMK」の“Wトリートメントオイル”と「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」の“アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス”が同率でランクインした。(価格は全て税込)

新製品

1位 “リンクルショット メディカル セラム N”

「ポーラ」

 シワを改善するオリジナル医薬部外品有効成分“ニールワン”を配合した前作の、センセーショナルなデビューから5年、進化版が登場した。110万もの使用者の声から、シワ改善とキズの回復の関係性に着目。新たに配合したのは、肌にハリと潤いをサポートするブランド独自の複合保湿成分“ICユニット1”と複合成分“エイドリキッド”。また、表情とともにしなやかに動く角層を支えるオリジナル成分“NEREリキッド”もプラス。シワ改善のパイオニアの放つ自信作だ。【医薬部外品】(20g、1万4850円)

2位 “ル ブラン セラム HLCS”

「シャネル」

 14年にスタートした京都大学との共同研究が結実。メラニンの生成をコントロールするTXC、アラントイン、ビタミンE(酢酸トコフェロール)の3つの美白有効成分を配合した薬用美白美容液。ヘルシーで明るい肌に必要なアミノ酸の代謝に効果的なガーデニア フルーツ エキスをプラスし、細胞にエネルギーをチャージする。“ル ブラン セラム HLCS”のために考案した独自のマッサージを行うことでさらに滑らかでしなやかな、光を宿したかのように明るい肌へ。【医薬部外品】(30mL、1万8150円)

3位 “ジェノプティクス ウルトオーラ エッセンス”

「SK-Ⅱ」

 ブランドを代表する“ジェノプティクス” の美白美容液がパワーアップ。スピーディーに肌に届かせる。新たに開発した独自の蓮花エキスと新成分SD-ライトは肌の潤いと輝きをパワフルにサポート。美白有効成分D-メラノも加えてブレンドした、“ウルトオーラカクテル”を採用した。肌を整え、キメを滑らかに整える力強い一滴が、輝きに溢れた明るい“オーラ肌”を約束する。【医薬部外品】(30mL、1万8480円 50mL、2万6400円 75mL、3万7400円)

3位 “ホワイトショット CXS”

「ポーラ」


総合

1位 “リンクルショット メディカル セラム N”

「ポーラ」

 日本初の薬用シワ改善化粧品、リンクルショットがリニューアルして登場。新製品のみならず、既存品も合わせた総合でも1位を獲得した。シワを改善する独自の医薬部外品有効成分“ニールワン”に加え、 リニューアルでは肌にハリと潤いをサポートするブランド独自の複合保湿成分“ICユニット1”と複合成分“エイドリキッド”を配合し、肌にハリと潤いをサポート。また、オリジナル成分“NEREリキッド”もプラスし、表情とともにしなやかに動く角層を支える。【医薬部外品】(20g、1万4850円)

2位 “ジェニフィック アドバンスト N”

「ランコム」

 昨今、注目のマイクロバイオームの研究を長年にわたり行う「ランコム」による、日本特別フォーミュラの大ヒット美容液。誰もが持つ美肌菌に着目し、日本人の肌のために開発した。3種のプレバイオティックスと、4種のプロバイオティクス由来成分から成る独自の複合成分を配合。1プッシュに約3000万のプレ/プロバイオティクス由来成分を配合することで、病原菌の増殖を抑制しながらバリア機能を高める。肌の保護・制御・回復の3つの機能をサポートしながら、気になるエイジングサインを改善。【医薬部外品】(30mL、1万1000円 50mL、1万5400円)

3位 “Wトリートメントオイル”

「RMK」

 洗顔後、スキンケアステップの最初に用いるプレケア用トリートメントオイル。肌を柔らかくするオイル層と、角層を潤い満たす水分層の2層で構成。油分と水分のダブル作用で乾燥を防ぐラッピング効果や、バリア機能の保守に期待できる。アルガンオイルなどの配合で、保湿に優れた処方でありながらベタつかないテクスチャーも人気に一役。オレンジやネロリなどの8種の精油をブレンドしたフローラルシトラスの香りが爽やかに、心地よく肌に広がる。(50mL、4400円)

3位 “アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス”

「エスティ ローダー」

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら