コレクション

「ジョルジオ アルマーニ」2016年春夏ミラノ・コレクション

REPORT

フェミニンなジャケットスタイルは透け感がカギ!

今年、ブランド設立40周年を迎えた「ジョルジオ アルマーニ」。女性の装いの変化に大きな影響を与えてきたジョルジオ・アルマーニの今の気分は、フェミニンなムードのようだ。先に発表した「エンポリオ アルマーニ」では、花柄と淡いピンクやオレンジを差し込み、「可愛らしい」という表現がぴったりなコレクションを披露。「ジョルジオ アルマーニ」でも、鮮やかな赤からピンクにかけての色のグラデーションと透け感のある素材使いでアルマーニ流の「新しいフェミニニティー」の表現に挑んでいる。

 ブランドを象徴するジャケットスタイルは、いつもよりも若々しく軽やか印象だ。例えば、テーラードジャケットには、シフォンなどの柔らかなトップスとショーツをコーディネート。ロング丈やクロップド丈のパンツはオーガンジーを重ねて仕立てることで重さを感じさせない。そんなフェミニンなムードにアクセントを加えるのは、エキゾチックなテイスト。縞模様をはじめとする柄やモチーフをさまざまに散りばめた。

 終盤の贅沢なエンブロイダリーやビジュー装飾が目を引くイブニングのシリーズも、今季は大半がミニ丈やひざ上丈だ。腰にたくさんのギャザーを入れて作るふんわりしたバルーンシルエットのスカートが、シースルーの素材感と相まって、女性らしさを際立てている。

 ショーの後には、会場となったアルマーニ / テアトロの向かいに5月にオープンした施設、アルマーニ / シーロスで、自叙伝の出版記念イベントを開催した。

LOOK

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら