ファッション

「ジル・サンダー」2016年春夏ミラノ・コレクション

REPORT

柔剛のコントラストでワークウエアがさらに進化

ロドルフォ・パリアルンガ=クリエイティブ・ディレクターによる「ジル・サンダー」のセカンド・コレクションは、“実用性を加味したモダンなワークウエア”というコンセプトをさらに深掘りし、デビュー戦に続く好発進を遂げた。肉厚な素材を多用し、力強いシルエットを印象付けた昨シーズンとは打って変わり、春夏は極薄のテキスタイルを使ったミニマルなシルエットで若々しい印象にシフト。ただそこには、フォルムと機能を融合させた「ジル・サンダー」らしい個性を生み出すたくさんのアイデアが潜んでいる。

キーマテリアルはパラシュートナイロンだ。風をはらんでふわりと広がるそのコートに合わせたのは、独特のツヤとハリを生み出したテクニカルキャンバスもしくはウールで仕立てたボトムス。堅くて丈夫なマテリアルでも、窮屈にはみえないコンフォートシルエットだ。コントラストは素材だけでなく、たとえば同素材のルックでも7分丈のスキニーパンツや半袖のシャツ、8分丈のコートといった緻密な計算によるシルエットバランスで、抑揚を加えている。シンプルなアイテムながら、バリエーション豊富な提案でコレクションに奥行きを持たせた。ロウデニムのセットアップに加えたカラーポケットやネームタグは、デザインのアクセントだけでなく機能性のあるワークウエアをさりげなく強調するアイデア。コンセプチュアルでありながら、実用性を意識したリアルクローズに着地している。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら