ファッション

「ルイ・ヴィトン」2022年春夏ショーに高飛び込みの“編み物王子”や新ボンドガールら豪華ゲストが集合 

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、2022年春夏コレクションをルーブル美術館で10月5日(現地時間)に発表した。同ブランドがリアルショーを行うのは2021年春夏シーズン以来。

 会場には、東京オリンピックの男子シンクロナイズドダイビング10m高飛び込みで金メダルを獲得した、“編み物王子”ことイギリス代表のトーマス・デーリー(Thomas Daley)が登場。イタリアのアート&デザインのスタジオ、フォルナセッティ(FORNASETTI)とのコラボTシャツにスタッズ付きのバイカージャケットを合わせたスタイルに、「ルイ・ヴィトン」のミニショルダーバッグ“プティット・マル”を身に付けた。同氏はオリンピック期間中の観戦席での編み物姿がSNSなどで話題になった。そのほか、アンバサダーを務める女優のアリシア・ヴィキャンデル(Alicia Vikander)や、映画「007」最新作に出演するアナ・デ・アルマス(Ana De Armas)、フィービー・ディネヴァー(Phoebe Dynevor)、チャンネル登録者数1000万人を抱えるユーチューバーのエマ・チェンバレン(Emma Chamberlain)らが会場を訪れた。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。