ファッション

「フミエ タナカ」は60年代にタイムスリップ!? コミカルな映像作品をロンドンコレで発表

 田中文江によるブランド「フミエ タナカ(FUMIE TANAKA)」は、ロンドン・ファッション・ウイーク(LFW)に参加し、2022年春夏コレクションを映像形式で発表した。LFW参加2度目となる今回も「東京ファッションアワード 2020(TOKYO FASHION AWARD 2020)」受賞による特典で、「フミエ タナカ」以外の受賞5ブランドもLFWの公式サイトで映像を公開した。

“自分が輝くことで、
周りの人たちも明るくしたい”

 今季のテーマは“BUT PRISM(それでも輝く)”。動画では1960年代のサロンショーをイメージし、ボリューミーなつけまつげが印象的なモデルたちが番号プレートを持って登場。ただウオーキングをするだけではなく、モデルたちがカメラを覗き込んだり、電話で話をする姿を映したりと、ウィットの効いた演出もポイントだ。田中デザイナーは「コロナ禍を過ごし、ファッションの役割を考えていた。“自分が輝くことで、周りの人たちも明るくする”というポジティブなメッセージを込めたかった」と話す。

 服も60年代のファッションを「フミエ タナカ」らしく現在風にアレンジ。田中デザイナーによる手描きのプリントや、ビンテージのパッチワーク柄などのオリジナルテキスタイルを用いている。カットジャカードで表現したファーのような素材は、羽根のように膨らんだトップスとスカートのセットアップに。1着1着に主役級の華やかさがありながらも、現代のリアルクローズとして提案している。

40人のエキストラが着用するのは
過去コレクションとデザイナー私物

 実は、映像にエキストラとして映り込むショーの観客もプロのモデルたちだ。衣装は過去のコレクションや、田中デザイナーの私物を組み合わせたもの。中には、2020-21年秋冬のみに登場したメンズのレアなコレクションも見られる。これまでのシーズン同様に、田中本人がスタイリストとしてコーディネートを組んでいる。「昔のような映像なのに、最新のコレクションが見られて、ブランドのファンの方には『あの服持っている!』というように混乱が生まれそうな仕掛け」と田中デザイナーは笑う。ブランドの世界観を作る細部までのこだわりと、手作り感の暖かさのバランスがいい。BGMは21年春夏に引き続き、音楽家の黒瀧節也がオリジナルで制作した。

 動画内で公開したのは今季を象徴するキールックの10体。後日開催する展示会ではフルコレクションを披露する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら