ファッション

「ユニクロ」が「ホワイトマウンテニアリング」とコラボ キッズまで網羅するアウター展開

 「ユニクロ(UNIQLO)」は2021-22年秋冬シーズン、相澤陽介率いる「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」とコラボレーションする。“服を着るフィールドは、全てアウトドア”をコンセプトとする「ホワイトマウンテニアリング」と提案するのは、「世代、人種、ジェンダーを超え、あらゆる人の共通言語となるアウター」。相澤へのインタビューも掲載した「ユニクロ」のフリーマガジン「LifeWear マガジン」の特設ページでは、ストレスを感じない洋服という目指すべき共通点、メンズ・ウィメンズ・キッズの展開、止水ファスナーを取り付けた「ハイブリッドダウンジャケット」というキーアイテム、全身ブラックのカラーリングなどについて語り、コレクションのごくごく一部を紹介している。コンテンツに登場する相澤は「ウルトラライトダウン オーバーサイズ ジャケット」を着用しているようだ。

 特設ページでは、コレクションを作るための「ユニクロ」と相澤とフィールドワークは、今からおよそ1年前に始まったと記されている。この1年、「ユニクロ」と兄弟ブランドの「ジーユー(GU)」は、「ミハラヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO)」や「アンダーカバー(UNDER COVER)」「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)」など、日本人デザイナーによるブランドのとのコラボレーションに積極的。ファーストリテイリングとデザイナーを繋ぐフィクサーの活躍がうかがえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら