ビジネス

ユニクロも吸水ショーツ参入 1990円で全国810店で販売

 ユニクロは9月17日から、「エアリズム吸水サニタリーショーツ」を販売する。“フェムテック”の盛り上がりとともに吸水ショーツは注目を集めており、女性が立ち上げたスタートアップ企業などから多数発売されている。ただし、「まだ一般的な市場で買える商品にはなっていない。ユニクロの他の商品と同様、店頭でパッと手に取れるようにすることで、身近なものにする」と炬口佳乃子ユニクログローバル商品本部ウィメンズMD部ウィメンズインナー、ホーム・マスクチーム部長。1枚1990円(税込)というユニクロ価格で販売し、「女性が健康的で快適に暮らせる社会」を目指す。

 9月17日にリニューアルオープンする「ユニクロ 銀座店」と、「ユニクロ 心斎橋店」、自社ECで先行発売し、20日から全国約810の店舗でも販売する。サイズはXS〜3XL(一部サイズはECのみでの販売)。ブラック、ブラウン、ダークグリーン、パープルの4色展開で、「ワイヤレスブラ 3Dホールド」とセットアップが可能だ。

 「グローバルな消費者分析で、ナプキン、タンポンから吸水ショーツにニーズが移っているという情報があった。未来を担う商品になると判断し、約1年前からわれわれの技術で何ができるか研究を始めた」と炬口部長。吸水ショーツは、ユニクロと同じグループのジーユーや、「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」など一部大手も参入しているが、現時点ではフェムテック専門売り場やECなどでの販売が中心だ。4000〜5000円前後の商品も多い。「使用する以上は2〜3枚は必要になる。ユニクロが参入するに際し、価格にはかなりこだわった。1枚3000円といった価格で販売するなら、われわれがやる意義は薄い」。

 身生地には“エアリズム”素材を使って「サラリとした肌あたり」を実現。クロッチ部分を3層構造にすることで30〜40ミリリットルの水分を吸収する。3層は、肌にあたる部分から速乾・抗菌防臭素材、吸水シート、撥水生地に防水フィルムをラミネートした防水シートとし、「モレない、ムレないバランスを追求した」。縫製ではなく熱圧着することで、針穴からの浸水なども防ぐ。「(吸水量がもっと多い商品もあるが)まずは多くの人にトライしてもらいやすいものを作った。お客さまの反応を見て改良を重ねていきたい」。

 “生理の貧困”といった問題にも注目が集まる中で、若い女性の支援団体である若草プロジェクトに、今後吸水ショーツや女性向けインナー類を提供する考えもあるという。また、ティーン向けの吸水ショーツ(1500円)の発売も予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら