ファッション

ロンハーマンが発電所を新設 2030年までに事業のCO2排出量実質ゼロに向け

 ロンハーマン(RON HERMAN)はこのほど、市民エネルギーちばとみんな電力と協業し、千葉県匝瑳市にソーラーシェアリングの発電所を新設する。これは、同社がサステナビリティ・ビジョンの中で掲げる「2030年までに事業のCO2排出量実質ゼロ」に向けた取り組みの一環で、10月15日から同施設を稼働させ、自社発電した電力を店舗に供給していく。

 ソーラーシェアリングとは、空中にソーラーパネルを設置し、その下で有機農業を行う発電方法で、発電と同時に、土壌回復と大気中のCO2を吸収することからカーボンニュートラルへの貢献が期待できる。

 新設する発電施設は、土地面積3162平方メートルで、パネルはリサイクルパネルを採用した。太陽光発電容量は87.44kWで、初年度は年間9万kWhの発電を見込む。発電した電力はみんな電力を通じてロンハーマン福岡店へ供給する。同社は今後、発電施設および供給店舗を拡大する方針だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら