ファッション

「リー」がアップサイクルライン始動 廃棄予定だったアイテムが一点ものとして復活

 「リー(LEE)」は、シーズンを過ぎた商品や製造工程における傷などで販売できなかったアイテムを再利用したアップサイクルライン“クラフトワークス”を立ち上げた。8月27日から原宿店と新宿店、名古屋店、同日オープンするルクア大阪店で限定販売する。

 第1弾は“ユーロ・パッチワーク”をテーマに、定番のオーバーオールやロコジャケットなどをユーロワークウエア風にアレンジした。アイテムにはさまざまなファブリックを用いたパッチワークを施しており、全てが一点ものの仕上がりだ。セットアップで着られるペインターパンツ(税込2万7500円)とジャケット(同3万8500円)や、ビンテージのパッチワークシャツをモデルにしたワークシャツ(同2万2000円)なども登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら