ファッション

原宿「空き店舗」に歯止めかかるか 一部エリアは4分の1が空室

有料会員限定記事

 ファッションの街・原宿が退店ラッシュで苦境に立っている。コロナ禍になって1年半以上。国内外からの客数の減少によって売り上げが激減し、撤退を余儀なくされるブランドが後を立たない。一部エリアでは4店に1店が空室という深刻な事態になっている。(この記事はWWDジャパン2021年8月16日号からの抜粋です)

 今、原宿界隈を歩いて目に入るのは、「テナント募集中」「FOR RENT」「閉店のお知らせ」などと掲示され、後継テナントが決まっていない物件の数々である。

 大型店では2月に東急プラザ表参道原宿に路面店として入っていた青山商事の「ザ・スーツカンパニー リミテッドストア」(同社の19年末のアメリカンイーグル事業の撤退に伴う契約満期までの暫定店舗)、6月に明治通りの「サマンサタバサ」表参道GATESポップアップデジタルストアと竹下通りの「ウィゴー」原宿竹下口店、直近の8月8日にはプチプラ雑貨「アソコ」がそれぞれ閉店した。渋谷寄りにある「ライトオン」原宿旗艦店は22日の閉店にむけて現在セール中。数十坪の小型店まで含めれば、閉店から数カ月以上過ぎた物件が無数に散らばっている。

 退店は昨年後半から今年にかけて目立つようになった。路面店のテナントが退店する場合、貸主に6カ月前に知らせなければいけない。昨年春の緊急事態宣言では多くの店舗が1カ月以上休業した。このダメージによって退店を決めたテナントの動きが本格化するのが、そのタイミングだった。

この続きを読むには…
残り1569⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら