ファッション

「シャネル No5」が100周年 香水のボトルや残り香を表現したジュエリーを一挙に紹介

 「シャネル(CHANEL)」から5月、香水「シャネルNo5(以下、No5)」誕生100周年を記念したハイジュエリーコレクション“コレクション No5”が登場した。同コレクションは全123点。「シャネル No5」のボトルから残り香(シヤージュ)まで、香水にまつわるさまざまな要素をジュエリーに落とし込んでいる。ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)のラッキーナンバーであり、香水名でもある数字の“5”をはじめ、ボトルやボトルのストッパーをモチーフにしたジュエリーがそろう。素材はダイヤモンド、ロッククリスタル、オニキスのほか、イエローダイヤモンド、イエローサファイア、イエローベリルなどを使用。香水もジュエリーも直接肌に触れるもので、「シャネル」のアイコンの一つとも言える「No5」をテーマにしたジュエリーは、「シャネル」ファンにはたまらないラインアップだ。ここでは、“コレクション No5”コレクションを一挙に紹介する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら