ビジネス

「シャネル」の「No.5」をモチーフにした限定切手が登場 フランスで発売

 2021年のバレンタインデーに合わせて、「シャネル(CHANEL)」の限定切手がフランスで発売される。フランス郵政公社(La Poste)と「シャネル」は過去20年間、毎年コラボして限定切手を販売しており、今回の切手には誕生から100年を迎える同ブランドのフレグランス「ナンバー5(No. 5)」のシルエットやハート模様があしらわれている。

 切手は2種類をそろえ、ピンクと赤を基調としたものは2.16ユーロ(約272円)、オレンジと赤のものを1.08ユーロ(約136円)で販売する。それぞれ120万枚と252万枚生産する。1月22日、23日にパリの9区の郵便局が運営する雑貨屋「ル・カレ・ダンクル(Le Carre d’Encre)」で1.08ユーロの切手が5枚セットで4.40ユーロ(約550円)で発売され、25日から同店舗や一部の郵便局、フランス郵政公社のサイトから購入可能だ。

 1921年、ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel)は自身のラッキーナンバーに因んで伝説的なフレグランス「ナンバー5」を生み出した。調香師のエルネスト・ボー(Ernest Beaux)が香りを手掛け、当時珍しかったアルデヒドを用いた香調や無機質な瓶を採用して香水の歴史に変革をもたらした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら