ビジネス

「シャネル」の「No.5」をモチーフにした限定切手が登場 フランスで発売

 2021年のバレンタインデーに合わせて、「シャネル(CHANEL)」の限定切手がフランスで発売される。フランス郵政公社(La Poste)と「シャネル」は過去20年間、毎年コラボして限定切手を販売しており、今回の切手には誕生から100年を迎える同ブランドのフレグランス「ナンバー5(No. 5)」のシルエットやハート模様があしらわれている。

 切手は2種類をそろえ、ピンクと赤を基調としたものは2.16ユーロ(約272円)、オレンジと赤のものを1.08ユーロ(約136円)で販売する。それぞれ120万枚と252万枚生産する。1月22日、23日にパリの9区の郵便局が運営する雑貨屋「ル・カレ・ダンクル(Le Carre d’Encre)」で1.08ユーロの切手が5枚セットで4.40ユーロ(約550円)で発売され、25日から同店舗や一部の郵便局、フランス郵政公社のサイトから購入可能だ。

 1921年、ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel)は自身のラッキーナンバーに因んで伝説的なフレグランス「ナンバー5」を生み出した。調香師のエルネスト・ボー(Ernest Beaux)が香りを手掛け、当時珍しかったアルデヒドを用いた香調や無機質な瓶を採用して香水の歴史に変革をもたらした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら