ビジネス

「シャネル」の「No.5」をモチーフにした限定切手が登場 フランスで発売

 2021年のバレンタインデーに合わせて、「シャネル(CHANEL)」の限定切手がフランスで発売される。フランス郵政公社(La Poste)と「シャネル」は過去20年間、毎年コラボして限定切手を販売しており、今回の切手には誕生から100年を迎える同ブランドのフレグランス「ナンバー5(No. 5)」のシルエットやハート模様があしらわれている。

 切手は2種類をそろえ、ピンクと赤を基調としたものは2.16ユーロ(約272円)、オレンジと赤のものを1.08ユーロ(約136円)で販売する。それぞれ120万枚と252万枚生産する。1月22日、23日にパリの9区の郵便局が運営する雑貨屋「ル・カレ・ダンクル(Le Carre d’Encre)」で1.08ユーロの切手が5枚セットで4.40ユーロ(約550円)で発売され、25日から同店舗や一部の郵便局、フランス郵政公社のサイトから購入可能だ。

 1921年、ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel)は自身のラッキーナンバーに因んで伝説的なフレグランス「ナンバー5」を生み出した。調香師のエルネスト・ボー(Ernest Beaux)が香りを手掛け、当時珍しかったアルデヒドを用いた香調や無機質な瓶を採用して香水の歴史に変革をもたらした。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら