ファッション

広瀬すずが「ジョーダン ブランド」の広告塔に

 「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、女優・広瀬すずとの契約を発表した。今後はブランドの顔としてキャンペーンやコンテンツなどに登場する予定だ。

 「ナイキ」アプリでは、広瀬が「ジョーダン ブランド」へのイメージや仕事への向き合い方を語ったインタビューを公開中。バスケットボール経験者でもあるため、「(小学校)当時の監督がマイケル・ジョーダン(Mihael Jordan)が好きで、いろんな話を聞かせてくれていた。いい意味で枠からはみ出している、規格外の存在というイメージがある」と語っている。

 広瀬は同ブランドのほかにも、2020年には「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のアンバサダーに就任するなど、ファッション分野にも活動の幅を広げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら