ビューティ

「ドライヤーがうるさい」「触られるのが嫌」 感覚過敏のニーズに対応したサロンが海外で話題

有料会員限定記事

 同時に何台も稼働するドライヤーの音や、シャンプー台での洗髪、そしてパーマ剤の匂いーー。音や光などに鋭敏な感覚過敏の人にとって、従来のヘアサロンは不快に感じるときもある。米国では、そんな感覚過敏な人のニーズや悩みに配慮した“Sensory Inclusive(センソリー・インクルーシブ:感覚でも包括的)”なサロンが注目されている。

 ニューヨークの「バーバーズ ブループリンツ(BARBER’S BLUEPRINTS)」は、感覚過敏のニーズの啓もうや当事者の支援活動を行うカルチャーシティー(KULTURE CITY)から公式の認定を得たサロンだ。共同オーナーのアーサー・イシャコヴ(Arthur Ishakov)は現地のニュース番組「トゥデイ(TODAY)」で「サロンはドライヤーや店内の音楽、お客さまと美容師の会話をはじめ、とても“うるさい”場所。感覚過敏の人にとっては刺激が多い。心地よくサービスを受けられるように、施術の一つ一つのステップや使用するツールを事前に説明するなど、心遣いが大切」と話した。予約の際に“Sensory Inclusive"プランを申し込むと、施術中は店内音楽の音量を下げ、ドライヤーや剃刀の使用を控えるなど、工夫をしている。

 カルチャー シティーの認証およびサポートは、医療従事者や行動心理学者をはじめとするエキスパートが監修している。感覚過敏や自閉症、発達障害などのニーズに寄り添うためのトレーニングを行ったり、アドバイスを提供したりしている。トレーニングを経てイシャコヴ共同オーナーは「一番参考になったのは、お客さまが感覚過負荷になった際の対応。本人のケアだけでなく、まわりのお客さまへの対応も学んだ」という。

この続きを読むには…
残り665⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら