ビジネス

後継者にうまく引き継げてこそ エディターズレター(2021年6月10日配信分)

※この記事は2021年06月10日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

後継者にうまく引き継げてこそ

 このレターでも何度か書いていますが、「さらに発展させられる後継者を引き継げてこそ、優秀な経営者」というのが私の見解です。どんなに企業を成長させてきても、それが交代とともに終わりになってしまっては、残念無念。

 もちろん何年も成長を続けること自体すごいのですが、後任が見つからない!引き継いだもののうまくいかず、結局前任者が戻って来た!なんていうこともよくあることで、特に一代で成功を築き上げてきたカリスマ経営者は、引き継ぎが難しいように見えます。このレターでもインディテックスやナイキのCEO交代に触れてきましたが、成長を牽引し続けてきたCEOが交代しても混乱が生じず、新CEOが成長を維持しながら革新しているのを見ると「(前任者は)経営者としてプロだな〜」としみじみします。

 そんなわけで、モンクレールとOTB(「マルジェラ」の親会社)のカリスマ経営者2人の後継者選びにも興味津々です。

> 「マルジェラ」や「ジル サンダー」を擁するOTBとモンクレール、イタリアを代表する二人の実業家が語る

 特にモンクレールのレモ・ルッフィーニ会長は、次々とユニークな手を打つので楽しみ。「私の肩書きはモンクレールの会長兼CEOだが、実際にはそのどちらでもない。5人からなる委員会があり、毎週集まって意思決定をしている」――つまり信頼できる優秀な側近こそ、彼の強さの秘訣なのでしょう。でもレモ会長は息子たちに引き継ぐ可能性もあるそうで。上場企業でも息子に引き継ぐパターン、結構ありますよね。レモ会長がどんなタイミングでどんな決断を下すのか。まだまだ先だろうなとは思いつつ、とても興味があります。

 プラダもリシュモンもCEOの息子たちの活躍が目立つようになってきましたが、個人的に一番興味があるのはLVMHです。ベルナール・アルノー会長が誰を後継者に選ぶのか。息子が4人いますが、長女のデルフィーヌに譲るとなったら、この業界が大きく変わる気がします。密かに期待しているのは私だけでしょうか?

VIEWS ON WWD US:「WWDJAPAN」のライセンス元である米「WWD」は1910年から続くファッション業界専門紙です。世界中のデザイナーや企業のトップと強く繋がっており、彼らの動向や考え、市場の動きをいち早く、詳しく業界で働く人々に届けています。そんな米「WWD」の翻訳記事から、注目すべきニュースの紹介や記事の面白さを解説します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら