ファッション

「バービー」、伊藤忠が国内のライセンス権取得 人形以外のグッズ拡大

 伊藤忠商事はこのほど、米国マテル社から「バービー」の玩具以外の国内マスターライセンス権を取得した。伊藤忠は米国で最も高い人気と認知度を集める着せ替え人形である「バービー」を、これまで培ってきたブランドビジネスのノウハウを生かし、アパレルやファッション雑貨に加え、家具や食品、コスメなどにも広げる考え。2021年春夏は既存のライセンシーを引き継ぎ、来年春夏から本格的に「バービー」ビジネスを拡大する。

 米国マテル社は「バービー」をファッションドールと位置づけており、調査会社NPDグループによる20年の「トップ・グローバル・トイ・プロパティ・オブ・ザ・イヤー」に選出され、米国では最も認知度の高いファッションアイコンの一つ。ダイバーシティにも力を入れており、現在は多種多彩な人種のモデルが登場している。

 「全社で推進するSDGsの観点からも取り組みの方向性が一致した」(同社広報)とし、異業種との協業やイベント、プロモーションにも積極的に取り組む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら