ファッション

日本発ジュエリー「アーカー」がグローバルブランドに クリエイティブディレクターにケイティ・ヒリヤー

 日本発ジュエリー「アーカー(AHKAH)」に、元「マーク バイ マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」などでデザインを手掛けたケイティ・ヒリヤー( Katie Hillier)がクリエイティブディレクターとして就任した。 同ブランドはTASAKI の傘下で、日本だけでなく中国や台湾などのアジアでもビジネスを展開。

 イギリス人のヒリヤーは、英国クラシックを着想源に、洗練と自然を融合させたモダンでウイットに富んだデザインが得意。今まで、「サカイ(SACAI)」のバッグや「J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON)」のコレクションを手掛けてきた。ヒリヤーは、「アーカー」のブランドイメージをアップデートすると同時に、新ライン“アーカー シグネチャー”のデザインも手がける。ヒリヤーによる発コレクションは6月に発売予定だ。

 篠原光義アーカー社長は、「ケイティは、『アーカー』というブランドが持つ本質的な魅力を理解し、モダンにアップデートする力を持っている。“繊細さ”“純粋さ”というブランドのエレメントを大切にしながら、より多くの人に愛されるグローバルブランドに成長させたい」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら