ファッション

日本発ジュエリー「アーカー」がグローバルブランドに クリエイティブディレクターにケイティ・ヒリヤー

 日本発ジュエリー「アーカー(AHKAH)」に、元「マーク バイ マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」などでデザインを手掛けたケイティ・ヒリヤー( Katie Hillier)がクリエイティブディレクターとして就任した。 同ブランドはTASAKI の傘下で、日本だけでなく中国や台湾などのアジアでもビジネスを展開。

 イギリス人のヒリヤーは、英国クラシックを着想源に、洗練と自然を融合させたモダンでウイットに富んだデザインが得意。今まで、「サカイ(SACAI)」のバッグや「J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON)」のコレクションを手掛けてきた。ヒリヤーは、「アーカー」のブランドイメージをアップデートすると同時に、新ライン“アーカー シグネチャー”のデザインも手がける。ヒリヤーによる発コレクションは6月に発売予定だ。

 篠原光義アーカー社長は、「ケイティは、『アーカー』というブランドが持つ本質的な魅力を理解し、モダンにアップデートする力を持っている。“繊細さ”“純粋さ”というブランドのエレメントを大切にしながら、より多くの人に愛されるグローバルブランドに成長させたい」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら