ビジネス

「J&M デヴィッドソン」の青山店がリニューアル 新クリエイティブ・ディレクターのコンセプトに

 八木通商傘下の英国ブランド「J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON)」は8月9日に、新クリエイティブ・ディレクターに就任したケイティ・ヒリヤー(Katie Hillier)のコンセプトのもと、日本の旗艦店である青山店をリニューアルオープンした。ストア内は、モダンブリティッシュな世界観をベースに、クリエイターらとの協働によるアーティスティックな装いに仕上げた。

 クリエイターは、ストアデザインにティナ・ヴァイア(Tina Vaia)、クラフトアーティストにジェフリー・ウェスト(Jeffrey West)、画家にアンドレア・アレン(Andrea Allen)を起用した。

 ヒリヤーは、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」や「ロエベ(LOEWE)」などでキャリアを積んだ後、10年にジュエリーブランド「ヒリヤー(HILLIER)」を立ち上げ、13年から2年間「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。15年にルエラ・バートリー(Luella Bartley)とともに「ヒリヤー バートリー(HILLIER BARTLEY)」をスタートさせている。また、「サカイ(SACAI)」が16年にスタートさせたバッグラインも手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。