ファッション

高島涼が手掛ける「+81」の実店舗が東京・五本木に リアル限定品やイベントでECと差別化

 ファッションディレクターの高島涼は、自身が手掛けるコンセプトストア「+81」のリアル店舗を5月18日に東京・五本木にオープンする。これまでECサイトのみだったが、リアル店舗限定の商品や不定期イベントなどを企画して差別化する。開業を記念し、「ラキネス(RAKINES)」のリネンシャツ(3万7400円、税込 以下同)とパンツ(3万9600円)、「M A S U(エムエーエスユー)」のアクセサリー、「コッキ(KHOKI)」のトートバッグなどの別注品を販売する。

 高島は1992年生まれ。インスタグラムやユーチューブなどを中心にファンを獲得し、SNSの合計フォロワー数は26万を超える。自身のファッションブランド「リョウ タカシマ(RYO TAKASHIMA)」をはじめ、メディアやブランドのディレクター、インフルエンサーとして幅広く活動。昨年9月にはECサイトとして「+81」をローンチし、 “Seamless”をテーマに国内外からファッション・カルチャーを発信する。

■+81
オープン日:5月19日
営業時間:12:00〜19:00(営業時間変更などはSNSを要確認)
住所:東京都目黒区五本木2-15-7 市川ビル1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら