ファッション

高島涼の「+81」が初のポップアップ スタイリングとともに商品を提案

 ファッションディレクターとして活動する高島涼が手掛けるコンセプトストア「+81(プラス エイティ ワン)」が、初のポップアップショップを東京・池尻大橋のギャラリー「104GALERIE-R」にオープンした。11月1日までの3日間、「イートウツ(E.TAUTZ)」や「スタジオニコルソン(STUDIO NICHOLSON)」「コッキ(KHOKI)」「エイトン(ATON)」「ラキネス(RAKINES)」などのオンラインストアで扱う商品を、高島自身のスタイリングとともに提案する。オンラインサイトに先駆けて販売するアイテムもある。

 会場では、山梨・八ヶ岳のドライフラワーショップ「f3(エフスリー)」のサポートを受け、ドライフラワーなどをふんだんに使用した幻想的な空間も演出する。

 高島は1992年生まれ。建築士として活動した後、TOKYO BASEへ入社。2018年に独立し、フリーランスとして活動を開始。インスタグラムやユーチューブなどのSNSを中心にファンを獲得し、SNS合計フォロワー数は26万を誇る。現在は自身のブランド「リョウ タカシマ(RYO TAKASHIMA)」をはじめ、メディアやブランドのディレクター、インフルエンサーとして幅広く活動している。

◾️+81 POP UP SHOP in TOKYO
日程:10月30日~11月1日
時間:11:00〜19:00
会場:104GALERIE-R
住所:東京都目黒区大橋 1-6-4 GARAGE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら