ファッション

高島涼の「+81」が初のポップアップ スタイリングとともに商品を提案

 ファッションディレクターとして活動する高島涼が手掛けるコンセプトストア「+81(プラス エイティ ワン)」が、初のポップアップショップを東京・池尻大橋のギャラリー「104GALERIE-R」にオープンした。11月1日までの3日間、「イートウツ(E.TAUTZ)」や「スタジオニコルソン(STUDIO NICHOLSON)」「コッキ(KHOKI)」「エイトン(ATON)」「ラキネス(RAKINES)」などのオンラインストアで扱う商品を、高島自身のスタイリングとともに提案する。オンラインサイトに先駆けて販売するアイテムもある。

 会場では、山梨・八ヶ岳のドライフラワーショップ「f3(エフスリー)」のサポートを受け、ドライフラワーなどをふんだんに使用した幻想的な空間も演出する。

 高島は1992年生まれ。建築士として活動した後、TOKYO BASEへ入社。2018年に独立し、フリーランスとして活動を開始。インスタグラムやユーチューブなどのSNSを中心にファンを獲得し、SNS合計フォロワー数は26万を誇る。現在は自身のブランド「リョウ タカシマ(RYO TAKASHIMA)」をはじめ、メディアやブランドのディレクター、インフルエンサーとして幅広く活動している。

◾️+81 POP UP SHOP in TOKYO
日程:10月30日~11月1日
時間:11:00〜19:00
会場:104GALERIE-R
住所:東京都目黒区大橋 1-6-4 GARAGE

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら