ファッション

「ヴァン クリーフ&アーペル」と花の深いつながりを華道家の片桐攻敦が表現 東京・代官山で展覧会を開催

 フランス・パリ発ジュエラーの「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS以下、ヴァン クリーフ)」は4月22日〜5月9日、東京・代官山T-SITE ガーデンギャラリーで展覧会「ライト・オブ・フラワーズ ハナの光」を開催する。同展では、華道家の片桐攻敦が「ヴァン クリーフ」のジュエリーから着想を得て花々で魅惑的な世界観を表現。同ブランドは、1906年創業時から“花”のテーマを大切にしており、メゾンのアイコンの一つになっている。

 展覧会では、「ヴァン クリーフ」の可憐な花々をモチーフにしたジュエリーが日本的な情緒と融合。シャクヤクやローズ・ド・ノエル、コスモスといったさまざまな花々の一瞬を捉えたジュエリーが、生命力に溢れる花々と重なり合い美しい光の空間を生み出す。片桐は、「自然に何気なく存在する小さい花、そのささやかな存在に焦点を当てて永遠のものへ昇華しているジュエリーや、それを作る職人の花への敬意に共感を覚えた」とコメントしている。

 会期中は、子ども対象のワークショップ「イン・ブルーム〜草花を纏う」を開催。参加者は片桐と植物を観察しながら手に取り、身にまとうことで花と一つになる瞬間を楽しめる。また、オンライントークイベントでは、片桐と現代美術家の須田悦弘、イラストレーターの黒田潔が「マイ・ビジョン・オブ・フラワーズ(私にとってのハナ)」について語り合う。また、「ヴァン クリーフ」銀座本店のウインドーでは、5月9日まで、片桐によるディスプレーを公開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら