ファッション

「エンポリオ アルマーニ」が地球環境に配慮したコレクション第2弾 海をイメージした爽やかなアイテム

 「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」はこのほど、2021年春夏コレクションで発表した環境配慮素材を用いた“サステナブル コレクション”をエンポリオ アルマーニ表参道店と心斎橋パルコ店限定で発売した。

今回は20-21年秋冬シーズンに発表したデビューコレクションとは対照的に、青と白のカラーパレットで航海や海を連想させる爽やかな印象に仕上げた。メンズはアノラック(15万1800円)やバミューダパンツ(10万4500円)、オーバーオール(15万1800円)など33アイテムで、ウィメンズはミニトップス(7万3700円)やショートパンツ(9万2400円)、トレンチコート(17万9300円)など22アイテムで構成する。一部のアイテムには、“SAVE THE EARTH”のメッセージをのせた。また、環境に配慮した素材を使ったサングラスや時計も加わった。

ウエアの素材は、カーペットや漁網などのプラスチック廃棄物を原料とするリサイクルナイロンやリサイクルポリエステル、農薬や有毒な化学肥料を使用せずに栽培されたオーガニックコットンなどを使用した。ショッパーには、生産時に出る繊維廃棄物から作ったコットン素材を用いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら